業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

医師の調剤行為、例外除き禁止‐日医総研の解釈に反論‐日本薬剤師会

2016年03月11日(金)10時00分配信 配信日:16/03/11 10:00 icon_view1386view icon_view1386view

日本薬剤師会は、医師による調剤は「医業」に含まれると主張した日本医師会総合政策研究機構(日医総研)の報告書に対し、反論する通知を4日付で都道府県薬剤師会に発出した。

日医総研の報告書では、医師本人による調剤は医師法第17条で規定されてい2る「医業」に含まれるとした上で、医師の診療を補助する看護師と准看護師は、保健師助産師看護師法37条の規定によって「医師の指示の下、診療補助行為として調剤が可能」との解釈を示している。

これに対して日薬は、薬剤師法第19条では「薬剤師でない者は、販売または授与の目的で調剤してはならない」と規定されており、「医師等による調剤を禁止している」と主張。ただ、患者が医師、歯科医師などから薬剤の交付を受けることを希望し、申し出た場合などは「例外として許される場合がある」とした。

また、1984年の政府答弁で「処方箋の監査、疑義照会とその処置、薬剤の確認、秤量、混合、分割、薬袋・薬札のチェック、薬剤の監査、服薬指導」が薬剤師自身が絶対にやらなければならない調剤の本質的部分に該当し、それ以外の部分は「補助者にやらせる場合がある」とされているが、「調剤行為の全てが診療補助行為であるとは考えていない」と主張した。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5652件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:09月16日~09月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月16日~09月23日

もっと見る