業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

薬学部新設の基本設計に着手‐県立医大に設置、5年後開学へ‐和歌山県

2016年04月25日(月)10時00分配信 配信日:16/04/25 10:00 icon_view679view icon_view679view

和歌山県立医科大学への薬学部新設に向けて和歌山県は、その基本設計に着手した。2016年度の政策に薬学部新設に向けた準備を進めることを明記し、16年度予算に初めて関連費用を計上した。収容定員600人、入学定員100人の6年制薬学科の新設を構想。和歌山市の中心部、和歌山城前にある市立伏虎中学校跡地に薬学部校舎を建設し、2021年度の開学を目指す計画だ。

和歌山県は16年度の新政策として五つの基本目標を策定。その一つである「和歌山県への新しい『人の流れ』を創造する」の一環として、薬学部新設の準備を進めることを初めて政策に盛り込んだ。これを受けて16年度は、薬学部校舎や教員などハード、ソフト面の基本設計に着手するほか、候補地の地質調査などを実施する。

候補地の伏虎中学校は17年4月に移転する。その後校舎の解体に約1年、文化財の調査に約1年を要すると見込み、併行して薬学部の基本設計を進める。18年度に新校舎の建設に着工し、20年3月に薬学部新設を文部科学省に申請。同年8月に許可を得て、21年4月に開学する計画だ。

和歌山県の高校生は県外の大学などへ進学する割合が高い。和歌山県は、大学入学時における若者の都市部へ流出防止、卒業後の県内定着に薬学部新設が役立つと期待している。

一方、和歌山県の薬局や病院薬剤部もこれまで、他の地方と同様に、薬剤師不足に悩まされてきた。薬剤師を雇用したくても、和歌山県まで働きにきてくれる薬剤師を確保しづらい状況だ。こうした背景から和歌山県薬剤師会と和歌山県病院薬剤師会は15年3月、3万人以上の署名を仁坂吉伸知事に手渡し、薬学部新設を訴えかけていた。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5573件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る