業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

脳卒中対策基本法(仮称)成立に協力 日本救急医学会

2010年06月01日(火)09時56分配信 配信日:10/06/01 09:56 icon_view801view icon_view801view
日本救急医学会(代表理事・杉本壽大阪大学大学院教授)はこのほど、社団法人日本脳卒中協会からの脳卒中対策基本法(仮称)成立に向けての協力依頼に対して、理事会見解を公表した。

「脳卒中診療の質を向上させるためには脳卒中発症の急性期、回復期、及び維持期における医療が円滑に行われなければならない」と見解を示した上で、「日本 救急医学会は、救急医療体制の強化および急性期治療の充実という点で脳卒中対策基本法の成立に向けて、日本脳卒中協会からの要請に協力する姿勢を継続して 行きたい」と述べた。

(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19806件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5592件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る