業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

同時改定へ「エビデンス示す」‐山本新執行部がスタート‐日本薬剤師会

2016年06月29日(水)10時00分配信 配信日:16/06/29 10:00 icon_view520view icon_view520view

日本薬剤師会は26日、定時総会で役員改選を行い、今年3月の総会で会長候補に当選していた山本信夫氏をはじめ、副会長候補だった石井甲一、森昌平、乾英夫、田尻泰典、鈴木洋史の5氏を選任。山本体制2期目の新執行部が発足した。

山本氏は、総会終了後の会見で、2年後に控える診療報酬・介護報酬の同時改定について言及。消費税率の引き上げ延期によって、財源不足に陥ることに懸念を示しつつ、「薬剤師としての仕事をした上で、エビデンスを示す」ことにより、「(財源が)ない中でしっかりと確保するのも大きな課題」と語った。

具体的には、「セルフメディケーションの部分についての調査があまりないという指摘がある」とし、「そこは少し考えていきたい」とした。

また、調剤業務が時代と共に変化している実情を踏まえ、中・長期的なスパンで「薬剤師の役割と調剤というものを再定義し直す必要があるのではと思っている」との考えを示した。かつて、調剤、用法指示の2業務のみだった第1世代の調剤業務が、第5世代では17業務に及んでいることなどを念頭に、「40年前の調剤と今の調剤は全く異なっている」と指摘した。

さらに、「調剤とは何かという議論は、常について回っている」とした上で、「薬剤師としての矜持を持って仕事をするときのバックボーンになる」と強調し、業務の変化に伴い、「どこまで薬剤師の役割の幅を広げるのか」について、「そう簡単にいかないとは思うが、しっかりと議論したい」と語った。

一方、長年、セルフメディケーションやOTC薬の領域に携わってきた前副会長の生出泉太郎氏、前常務理事の藤原英憲氏が交代したことによる影響が懸念されるところだが、乾副会長、渡邉和久常務理事の名前を挙げ、「長年、OTC薬に携わり、知識を持った人がいる」と強調。「『ご心配には及びません』というと生意気に聞こえるので、多分、大丈夫だろう」と述べた。

また、新執行部では、山本氏より年齢が高い役員が3人に減ったことや、「42歳の理事もいる」ことなどを挙げ、若返りをアピール。「新しい発想でこれからの日薬を引っ張っていきたい」との抱負を語った。

y11739_01-02

写真:会見する山本会長


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る