業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

「医師と歯科医師の健保組合設立で負担増を」 権丈慶応大教授

2010年06月15日(火)09時55分配信 配信日:10/06/15 09:55 icon_view546view icon_view546view
福田・麻生内閣で社会保障国民会議委員を務めた慶応義塾大学商学部教授の権丈善一氏は 13日、首都圏歯科医師連盟フォーラムで講演し、「この国が一番病んでいるのは財政問題。これを解決しなければ社会保障の機能強化は望めない。そのために は何がしかの形で負担増をするしかない」と述べた。
負担増の具体策として、現在の医師、歯科医師がそれぞれ加入している国保組合を廃止し、日本医師会と日本歯科医師会が主体となって健康保険組合を設立。す べての医師、歯科医師が加入して健康保険組合連合会に代表を送り込み、医療費を負担する支払い側の立場から保険料値上げのキャンペーンを展開する「トロイ の木馬作戦」を提案した。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19676件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月22日~05月29日

もっと見る