業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

相次ぐ敷地内薬局誘致‐日薬・山本会長「極めて不愉快」

2016年09月12日(月)10時00分配信 配信日:16/09/12 10:00 icon_view1729view icon_view1729view

日本薬剤師会の山本信夫会長は8日の定例会見で、大学病院や国立病院などが病院の敷地内に調剤薬局を開設する“敷地内薬局”の動きが拡大していることに対して、「極めて不愉快」と激しく非難した。

8月25日の定例会見では、石井甲一副会長が敷地内薬局について不快感を示したが、山本氏は「それを通り越して嫌悪感に近い。不愉快極まりない」との表現を用いた。

さらに、厚生労働省が、かかりつけ薬剤師・薬局推進の方針を掲げる中、厚労省の所管である国立病院で敷地内薬局誘致の動きがあることにも触れ、「目指す方向とは逆の動き。一体何を考えているのか。理解しにくい」と批判。

このまま、敷地内薬局が拡大していった場合、「いずれ建物の中に入ってくる」と述べ、最終的には“院内薬局”に発展する可能性にも懸念を示し、「神経質にならざるを得ない」とした。

敷地内薬局誘致の動きは、医療機関と薬局を同じ敷地内に併設することを禁じた構造上の規制見直しが10月から適用されることを受けて、徐々に広がりつつある。

誘致する病院側には、薬局からテナント料が入るため、関係する都道府県の薬剤師からは「患者の利便性を盾にした不動産収入が目的なのでは」といった声も上がっている。

また、院内処方の場合、処方箋料は内服薬6種類以下で42点、7種類以上で29点だが、院外処方は内服薬6種類以下で68点、7種類以上で40点と高い。負担額が違うのは、かかりつけ薬局としての機能を発揮するためだが、「かかりつけ機能を果たせない敷地内薬局は処方箋料を院内と同じにすべき」といった意見もある。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る