業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

通知の厳格な適用を‐敷地内薬局の保険指定‐日本薬剤師会

2016年09月30日(金)10時00分配信 配信日:16/09/30 10:00 icon_view380view icon_view380view

日本薬剤師会は27日、10月1日から医療機関に隣接する薬局との間にフェンスなどを設置して独立性を確保するよう求めている規制が緩和されることを受け、見解を示した。保険薬局の指定に当たっては、厚生労働省が今年3月に示している留意事項通知を厳格に適用し、少しでも独立性に疑問がある場合は指定しないことを強く求めている。

厚労省は留意事項通知で、医療機関と一体的な構造に該当する事例として、▽医療機関の建物内にあり、医療機関の調剤所と同様と見られる▽医療機関の建物と専用通路等で接続されている――を挙げている。

これらの事例には当てはまらなくても、▽医療機関と同一敷地内に存在し、薬局の存在や出入口を公道等から容易に確認できない▽医療機関の休診日に公道等から薬局に行き来できなくなる▽実際には医療機関を受診した患者の来局しか想定できない――など、患者を含む一般人が薬局に自由に行き来できないような構造も一体的な構造と見なされるとの解釈を示した。

また、一体的な経営に当たらないことを確認するため、薬局に対して不動産の賃貸借関連書類等の経営に関する書類等の提出を求めることも明記された。

日薬の見解では、規制緩和に先立って、「複数の公的医療機関が敷地内に薬局を積極的に誘致しているとの情報が寄せられている」とし、「もしこうした動向が医療機関の経営上の観点から起きているならば、医薬分業の理念を損なうばかりでなく、医療機関としての矜持のほころびも懸念される」と強調。

医療機関による無秩序な敷地内への薬局の誘致は、厚労省が昨年10月に策定した「患者のための薬局ビジョン」の趣旨に「逆行するものと言わざるを得ない」と指摘し、保険薬局の指定に当たっては「留意事項通知が厳格に適用され、医薬分業の本旨が損なわれることのないよう強く要請する」とした。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5575件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る