運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

全年齢への国保移行時期が争点に 高齢者医療制度改革会議

2010年10月01日(金)11時07分配信 配信日:10/10/01 11:07 icon_view764view icon_view764view
高齢者医療制度改革会議(座長:岩村正彦東大大学院教授)は27日、市町村国保の都道府 県への広域化と全年齢の国保移行を踏まえた検討を開始。2013年度から始まる経過措置の必要性を巡り意見が分かれた。 事務局は、経過措置で国保への移行年齢を、現行の後期高齢者医療制度などから75歳以上が望ましいと提案した。これに対し三上裕司委員(日本医師会常任理 事)らが全年齢の国保移行早期実現を要請。阿部保吉委員(日本高齢・退職者団体連合事務局長)などからは、具体的な移行時期を示すべきとする声も出た。横 尾俊彦委員(全国後期高齢者医療広域連合協議会会長)は実務を担う立場から「市町村や都道府県との協議の場を設けるべき」と主張した。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る