運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

JACDSが新認定制度「介護情報員」(仮称)をスタート

2011年04月17日(日)09時00分配信 配信日:11/04/17 09:00 icon_view1419view icon_view1419view
日本チェーンドラッグストアストア協会(JACDS)は、新たな認定制度として「介護情報員」(仮称)を今年度よりスタートさせる。この制度は、同会が既に認定しているヘルスケアアドバイザーを対象とするもので、地域の健康相談所として身近なドラッグストアで多様化する介護サービスに関して総合的な相談を行えるようにしたいとの狙いがある。ドラッグストアショー初日の記者会見で、同会の宗像守事務総長は新認定制度の概要について説明した上で、「将来的には1店舗につき1~2人配置できる体制を整えたい」と話し、業界全体で急速に進む高齢化に対応したいとの考えを強調した。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る