業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

厚労省、第1類2成分を第2類へ移行

2011年05月17日(火)09時30分配信 配信日:11/05/17 09:30 icon_view1724view icon_view1724view
厚生労働省は今年度第1回目の薬事・食品衛生審議会を開催し、このほど、製造販売後調査が終了した第1類3成分のうち2成分を第2類へ移行させることを了承した。また、生薬成分を含有するOTC薬のリスク区分変更についても検討・承認し、これにより一部の生薬含有OTC薬は年内にも郵送販売が可能になる見通しだ。薬食審でリスク区分の変更が審議されたのは、アレルギー用点眼薬『ザジテンAL点眼薬』等(成分名=ケトチフェンフマル酸塩)、抗ウイルス薬『アクチビア軟膏』等(成分名=アシクロビル)、口内炎用薬『ケナログ』(成分名=トリアムシノロンアセトアニド)の3成分。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:1件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る