業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

新たな薬価改定方式の設置を提案

2011年07月03日(日)09時00分配信 配信日:11/07/03 09:00 icon_view778view icon_view778view
中央社会保険医療協議会は、半年振りとなる薬価専門部会を開き、保険医療上必要性の高い医薬品の薬価改定方式について、長野明・禰宜寛治両専門委員による提案が行われた。提示された薬価制度は、保険医療上必要性の高い医薬品の継続した安定供給を確保するための措置として、現行の「不採算品に係る薬価改定の特例」を改め、「安定供給確保が必要な医薬品の薬価改定方式」の新設。現行の不採算品再算定は、原価計算方式を薬価改定のベースとしているが、今回提案した方法は、継続的な薬価低下にして高騰する原価により、不採算に陥った医薬品など、一定の要件を満たす医薬品を改定前の薬価に据え置くという内容だ。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19811件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5596件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る