業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

中医協、新医薬品の算定方法等の考え方提示

2011年08月04日(木)09時47分配信 配信日:11/08/04 09:47 icon_view716view icon_view716view
中央社会保険医療協議会は27日、薬価専門部会を開催し、専門委員などからのヒアリングを行った。薬価算定基準に関する意見では、「新医薬品の算定方法」、「小児加算の取扱い」、「配合剤」、「後発医薬品の価格」などについて考えを示した。このうち、新医薬品の算定方法については、欧米4カ国の価格に大きな開きがある場合は、外国平均価格を用いて、外国平均価格調整の該当性などの計算を行う考えを提示。また、配合剤に関しては「前回改正から内用配合剤について新ルールにより、原則、単剤の1日薬価の合計の8割を配合剤の薬価とする算定が行われており、最近は点眼薬や吸入薬なども登場している」として、内用剤以外でも同様の薬価算定ができるか検討してはどうかとする意見が示された。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1346件)

show

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 new 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.25 265.グレーが新たなグレーを生む 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20161件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5705件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月13日~11月20日

もっと見る