業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

受診時に100円程度の負担が増える“受診時定額負担”に反対の声

2011年09月30日(金)17時10分配信 配信日:11/09/30 17:10 icon_view845view icon_view845view
■受診時定額負担への反対決議

厚労省案として出されている、1度の受診あたり100円程度の定額負担を患者に求める“受診時定額負担”に対して、日本医師会など医療関連41団体で構成される国民医療推進協議会は反対の立場をとることを決めました。

受診時の経済的負担が増えることで、受診を控える患者が出てくると、初期における病気の発見や治療ができないケースが懸念されています。

■受診時定額負担

厚労省は長期にわたり治療を行う患者が高額な医療費を支払っている状況を改善するため、年間の負担上限を引き下げの検討を続けてきました。

その場合の財源を、外来の初診および再診料に一律100円程度の上乗せをする“受診時定額負担”などでまかなう制度案を提出しました。

高額医療費の引き下げ分を受診時の負担で補いたい考えです。
国民の足を医療から遠ざけさせるな
日本医師会など医療関連41団体でつくる国民医療推進協議会は、受診時定額負担を導入すると、特に高齢者などの医療機関にかかる機会が多い患者の負担が大きくなることを懸念する声もあがり、受診時定額負担の導入に反対することを決議しました。

経済的に豊かではない人への負担が増えることは、医療本来の趣旨とは異なるとして、患者へは反対を求める呼びかけを行っていくほか、都道府県医療推進協議会に対しては、地域での集会の開催や国民集会への参加の呼びかけを依頼していくそうです。

また、政府への提言なども必要に応じて行っていくとのことです。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る