業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

GE薬価のバラつきが使用促進の障壁に

2011年10月29日(土)09時00分配信 配信日:11/10/29 09:00 icon_view1016view icon_view1016view
中央社会保険医療協議会(中医協)は19日、薬価専門部会を開催し、後発医薬品の薬価等に関する基本的な検討方向を確認した。 会合では、後発医薬品(GE薬)の薬価の現状について厚労省から説明が行われた。平成22年現在の医薬品数量におけるシェアは、数量ベースで22・4%に留まっており、その理由として患者側の「GE薬に変更しても医薬品代が安くならない」ということや、薬局側からの意見として「採用基準として他のGE薬より安価」などがあげられ、GE薬の薬価にバラつきがあることが患者・薬局の双方にとって使用促進の障壁となっていることが示唆された。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月20日~05月27日

もっと見る