緊急アンケート
実施中!!!!
  • 回答いただいた方の中から、抽選で10名様に

    「Amazonギフト券 1,000円分」をプレゼントいたします!

     

    【薬科大学在籍の5年生・6年生対象】かかりつけ薬剤師の認知度調査

    2016年4月にスタートした、「かかりつけ薬剤師」について、皆さんがどのくらいご存知で、どのような印象をもたれているか、ぜひ教えください!!!

     

    (お知らせ日:2017.01.05)

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

厚生労働省、睡眠薬の処方、依存に注意をした処方を求める

2011年11月06日(日)09時00分配信 配信日:11/11/06 09:00 icon_view1639view icon_view1639view
■3種類以上の処方が6%

厚生労働省は、向精神薬の使用実態調査を行い、その結果について公表をしました。調査では、2005年から2009年の4月1日から6月30日の健康保険組合加入者と、その家族約33万人の診療報酬データを使用し、分析を行いました。

その結果、2009年の処方では、抗不安薬の単剤処方は83.6%、2剤処方は14.5%、3剤以上の処方は1.9%、また、睡眠薬の単剤処方は、72.6%、2剤処方は21.2%、3剤以上の処方は、6.1%であるという状況が判明しました。

■3剤以上で一日の使用量を大きく上回る危険性が

ほとんどの受診者で、抗不安薬のジアゼパムの用量や、睡眠薬であるフルニトラゼパムの用量は、基準の用量内の処方が行われていましたが、なかには、抗不安薬では、15mgを超える処方が4.2%みられ、処方量が40mgを超えるものが33例、さらに睡眠薬では、2mgを超える処方が13.6%みられ、10mgを超える例も見られたそうです。

また、2010年3月31日時点で、日本の3ヶ所の私立精神病院で、抗不安薬・睡眠薬を処方された全患者3,257名の薬歴から、抗不安薬のみの投与量とみなした場合の、ジアゼパム換算投与量についても調査を行いました。
・抗不安薬または、睡眠薬の単剤:8.6mg
・2剤併用:は17.3mg
・3剤併用:25.8mg
・4剤併用:38.1mg
・5剤併用:48.6mg
・6剤以上併用:72.1mg

このことから、処方される薬剤の種類が増えるにつれ、投与量が増加していることが分かります。厚生労働省では、薬物依存の可能性が高くなるとして、注意を促し、十分考慮をするようにと呼びかけています。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1285件)

show

2017.01.18 new 225.早くも始まった次期改定の議論 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.12 new 83.薬局買収のもたらすもの 【世塵・風塵】

2017.01.11 new 224.水中に溶出するアノ医薬品の濃度、知っていま… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.05 24.幸せとは何か 【メンタルヘルス】

2017.01.04 223.調べていなかったと打ち明けた厚労省 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18786件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5413件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:01月11日~01月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:01月11日~01月18日

もっと見る