業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

薬局の店舗数頭打ちで“質の充実”必須

2012年01月01日(日)09時00分配信 配信日:12/01/01 09:00 icon_view1348view icon_view1348view
一時期の右肩上がりではないものの、薬局の堅調な伸長傾向に変わりはない――。

厚生労働省が発表した薬事関係業態数調査からこのような動向がわかった。また、店舗販売業は大都市部を中心に店舗数が減少傾向にあり、薬局への業態変更を行っている店舗もあることを踏まえても、DgSチェーンの合従連衡が進んでいることが数字のうえからも明らかになったと言えそうだ。なお、今回の数値には東日本大震災の影響により、宮城県の業態数が含まれていない。

薬事関係業態数によると、全国の薬局・薬店の総数は7万5611軒となっており前年の7万6710軒から約1000軒減少しているが、宮城県分を合算した場合を想定すると総数で500軒ほど上回る計算になる。これは平成18年から21年までの増加率とほとんど同じ傾向になることから、本年も前年比0・1ポイント程度の増加率になっていると推測できそうだ。
(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20175件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5710件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月18日~11月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月18日~11月25日

もっと見る