業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

1次売差マイナスが卸経営圧迫

2009年08月26日(水)16時18分配信 配信日:09/08/26 16:18 icon_view2422view icon_view2422view
 厚生労働省の「医療用医薬品の流通改善に関する懇談会」(流改懇)が平成19年9月に示した「緊急提言」に基づき、業界をあげて”不退転の決意”で流通改善に臨んだはずの平成20年度の医薬品卸業の経営概況は、燦々たる結果に終わった。

日本医薬品卸業連合会(卸連)が会員企業70社の決算数値に基づいてまとめた「医薬品卸業の経営概況」の速報値によると、年間総利売上高こそ前年比1・97ポイント増の8兆694億5300万円とプラスに推移したものの、営業利益率は0・31%と平成19年から2年続いた1%台を大きく割り込んだ。  この結果について、卸連ではメーカーとの取引時点での1次売差マイナス解消ができなかった点が大きなポイントであると分析。その解決に向け、メーカー側に流通改善の主旨について更なる理解を求める方針だ。 
(情報提供元:
薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1335件)

show

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.23 256.先取りしていた環境省の資料には 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19935件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5648件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:09月13日~09月20日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月13日~09月20日

もっと見る