業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

点数減額にナーバスな医師で混乱

2012年04月09日(月)09時58分配信 配信日:12/04/09 09:58 icon_view1124view icon_view1124view
12年度改定 一般名の処方せん料算定、厚労省温情が仇
12年度診療報酬改定から2点の加算が新設される一般名処方が、製薬業界に思わぬ混乱をもたらしている。一般名処方を行った医師が意図しない、高薬価の医薬品を薬局が調剤した時に、医師の処方せん料が減額されないよう厚生労働省が配慮し設定した「計算にあたっては薬価の最も低いものを薬価と見做す」というルールが発端だ。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(5件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月21日~05月28日

もっと見る