業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

誤解が解け、一般名処方さらに加速

2012年05月07日(月)09時25分配信 配信日:12/05/07 09:25 icon_view1531view icon_view1531view
波及効果 (1)「変更不可」減少(2)全部一般名(3)後発品選択
厚生労働省が4月20日に12年度診療報酬改定の「疑義解釈その2」を出して以降、一般名処方がさらに加速している。新設の「一般名処方加算」(2点)について、厚労省が示した「一般名処方マスタ」(標準的記載例)以外の品目でも一般名処方は進んでいた(本紙24日付既報)。一方で、「マスタにある品目でないと算定できない」と誤解し、躊躇していた医師たちも疑義解釈で「算定可能」とわかり、処方行動を変えている。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリックに関する薬剤師アンケート(まとめ) 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月23日~06月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月23日~06月30日

もっと見る