業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

ものさしは「日本版QALY」で

2012年08月23日(木)09時23分配信 配信日:12/08/23 09:23 icon_view940view icon_view940view
中医協部会 薬剤などの費用対効果、複合評価も検討
中央社会保険医療協議会の費用対効果評価専門部会は、医療技術評価(HTA)に基づき、治療ごとの費用対効果を保険収載や薬価算定に反映する際の効果指標として、「質調整生存年」(QALY)を採用する方向だ。厚生労働省保険局医療課は22日の会合で、諸外国のHTA制度で導入されているQALYをはじめ、効果指標の候補となる具体例を提示。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1336件)

show

2017.09.20 new 260.いよいよ動き出した第二薬剤師会 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.13 new 259.“要注目”検討会での方向性 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.07 91.先生 【世塵・風塵】

2017.09.06 258.この表現に耳を疑った 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.30 257.言葉の印象が事の重大さを遠ざける? 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19957件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5651件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:09月15日~09月22日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:09月15日~09月22日

もっと見る