業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

患者会3団体からヒアリング

2012年11月23日(金)09時00分配信 配信日:12/11/23 09:00 icon_view565view icon_view565view
厚生労働省の小児慢性特定疾患児への支援の在り方に関する専門委員会(委員長:五十嵐隆独立行政法人国立成育医療研究センター総長、日本小児科学会会長)が19日に開かれ、▽小児慢性特定疾患に関する普及啓発▽地域における小児慢性特定疾患児の支援の在り方-について検討した。委員会では、患者会3団体からヒアリングが行われた。先天性心臓疾患患者の家族と患者で構成されている一般社団法人全国心臓病の子どもを守る会副会長の神永芳子氏は、先天性心臓疾患の患者数は全国で40万人を超え、2000年を境に20歳以下の患者数よりも20歳以上の成人患者数が多くなっている現状を説明。その上で、内科的な治療については成人期に移行すると公的医療費助成がないと指摘し、「小児から成人期への継続した医療費助成が必要」と訴えた。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る