業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

厚労相 生活保護費の引下げを明言。「医療扶助」については削減に否定的

2013年01月12日(土)09時00分配信 配信日:13/01/12 09:00 icon_view699view icon_view699view
■生活保護費は段階的に引き下げへ

新厚生労働大臣の田村憲久氏が記者会見を開き、自民党が選挙公約に掲げている「生活保護10%削減」について、段階的に引下げる考えであることを明らかにしました。

生活保護は、生活扶助、教育扶助、住宅扶助、医療扶助、介護扶助、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助からなり、生活保護受給者は、平成24年9月時点で2,133,905人となっており、その生活保護受給者の約8割が「医療扶助」を受け、その費用は生活保護費全体の約5割を占めている状態です。

■「医療扶助」は必要なものでもある

生活保護のうち、約5割を占める「医療扶助」の状況は、「診療種別」では、「入院」の割合が約6割を占めており、「年齢別」では、医療を必要とする高齢者が多くなっており、若年層(20~59歳)でも、傷病が原因で保護を開始する者の割合は38%となっています。

「入院」の割合が多い理由としては、約3割(若年層では約4割)が、傷病が原因で生活保護となる事が挙げられ、また、生活保護を受けている入院患者の約5割は、精神関連疾患であり、その患者の約7割は1年以上入院している事が挙げられます。

田村憲久厚生労働相は、この「医療扶助」について、必要なものであるとし、大幅に削減することは否定。さらに、ジェネリックの義務化についても、慎重に検討をしていくとしました。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1347件)

show

2017.11.22 new 269.その結果の信ぴょう性は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.15 new 268.直前に出た人、止めた人の結果 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.08 267.根拠の無い「就寝前」は誰のため 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.11.02 93.薬局の業態変化の必要性 【世塵・風塵】

2017.11.01 266.まさか2年連続で怒鳴るとは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20173件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5709件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:11月16日~11月23日

もっと見る