緊急アンケート
実施中!!!!
  • 回答いただいた方の中から、抽選で10名様に

    「Amazonギフト券 1,000円分」をプレゼントいたします!

     

    【薬科大学在籍の5年生・6年生対象】かかりつけ薬剤師の認知度調査

    2016年4月にスタートした、「かかりつけ薬剤師」について、皆さんがどのくらいご存知で、どのような印象をもたれているか、ぜひ教えください!!!

     

    (お知らせ日:2017.01.05)

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

田村厚労相 70~74歳の医療費窓口負担割合「2割に必ず戻す」と明言

2013年02月23日(土)09時00分配信 配信日:13/02/23 09:00 icon_view651view icon_view651view
■いつまで続く1割負担の特例

田村憲久厚生労働大臣は、2013年2月12日に行われた衆院予算委員で、70~74歳の医療費窓口負担割合について、
「低所得者に対する対策なども考えながら、早く2割負担に戻す。必ず戻す、戻す努力をする」

と述べました。

この発言は、自由民主党小泉進次郎青年局長が、
「70歳から74歳の方の医療費の窓口負担を、本来通りに戻すべきだ」

という答弁に対するもの。

■特例のために税金が毎年度2千億円消える

小泉青年局長は、1割に軽減している特例措置のために、税金が毎年度2千億円も投じられていることに触れ、その税金の使われ方について、もっと他の使い道があるのではないかと指摘をしました。

しかし、引き上げの検討が入りながらも、選挙対策のために、棚上げにされ続ける「引き上げ」の判断。そのためか、小泉進次郎青年局長は、
“必ず”というのは、政治の世界で、必ずしも“必ず”じゃないことを経験している。是非自民党はそうじゃないようにお願いしたい。

と、何度も念を押していました。それに対し、田村憲久厚生労働大臣は
「必ずやる。いろんな意味で調整時間をいただきたい」
と、発言していました。
(情報提供元:エスタイル)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1285件)

show

2017.01.18 new 225.早くも始まった次期改定の議論 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.12 new 83.薬局買収のもたらすもの 【世塵・風塵】

2017.01.11 new 224.水中に溶出するアノ医薬品の濃度、知っていま… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.01.05 24.幸せとは何か 【メンタルヘルス】

2017.01.04 223.調べていなかったと打ち明けた厚労省 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(18786件)

show

アンケート

show

2016.04.15 【アンケート結果】 薬剤師の年収、理想と現実 no.2

2016.03.17 【アンケート結果】 点眼薬の服薬指導は奥が深い?no.2

2016.02.18 【アンケート結果】 その残業、必要ですか?no.2

2016.01.21 【アンケート結果】 待ち時間がかかるときの工夫no.2

2015.12.24 【アンケート結果】 きれい?汚い?薬局のお掃除 no.2

もっと見る

セミナー情報(1件)

show

ブログ(5413件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:01月11日~01月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:01月11日~01月18日

もっと見る