業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

国民皆保険の根幹に関わる問題「混合診療」、TPPでも注目

2013年03月28日(木)09時58分配信 配信日:13/03/28 09:58 icon_view906view icon_view906view
これほど物議を醸すテーマはほかに見当たらない。それは「混合診療」だ。日本の医療保険制度の原則は、保険で認められた以外の医療行為をした場合は、全額患者の自己負担になる。しかし、1984年に特定療養費制度が導入され、医療機関は個室代や歯科材料は患者から費用が徴収できるようになった。「混合診療」の始まりだった。それから30年を経ても混合診療を「全面解禁せよ」「禁止だ」との論争が続いている。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る