業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

費用対効果GL、政策応用をあと押し

2013年08月29日(木)09時57分配信 配信日:13/08/29 09:57 icon_view710view icon_view710view
厚労省研究班 効果指標はQALY推奨、使わないなら「理由を」

厚生労働省研究班がまとめた「医療経済評価研究における分析手法に関するガイドライン」が明らかになった。新薬などの経済性を測るアウトカム指標として、分析を担当する研究者の自主性を尊重しつつ、「質調整生存年」(QALY)の採用を推奨した。現在、中央社会保険医療協議会の専門部会が議論を重ねている、費用対効果評価を薬価や診療報酬に反映するうえで、分析結果の信頼性と比較可能性の確保は必須。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 new 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20055件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5679件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:10月14日~10月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月14日~10月21日

もっと見る