業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

費用対効果GL、政策応用をあと押し

2013年08月29日(木)09時57分配信 配信日:13/08/29 09:57 icon_view686view icon_view686view
厚労省研究班 効果指標はQALY推奨、使わないなら「理由を」

厚生労働省研究班がまとめた「医療経済評価研究における分析手法に関するガイドライン」が明らかになった。新薬などの経済性を測るアウトカム指標として、分析を担当する研究者の自主性を尊重しつつ、「質調整生存年」(QALY)の採用を推奨した。現在、中央社会保険医療協議会の専門部会が議論を重ねている、費用対効果評価を薬価や診療報酬に反映するうえで、分析結果の信頼性と比較可能性の確保は必須。
(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19853件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5619件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:08月14日~08月21日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月14日~08月21日

もっと見る