業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

加算対象の抗がん剤は価格上昇

2014年03月06日(木)10時00分配信 配信日:14/03/06 10:00 icon_view489view icon_view489view
14年度薬価改定 生活習慣病薬は特例引き下げの網に

14年度薬価改定は▲2.65%(消費税増税分を除くと▲5.64%)となったが、個別品目で見ていくと相当な開きがある。新薬創出・適応外薬解消等促進加算の対象品となった分子標的薬は消費税対応分がそのまま乗ることで、改定前より薬価が3%程度上がっている。実額で比較すると中外製薬の「アバスチン」は約5000円、「パージェタ」が約6600円のアップとなる。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19659件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る