業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 

<<前のニュース

次のニュース>>

薬価など3%引下げで診療報酬マイナスへ

2009年11月26日(木)11時37分配信 配信日:09/11/26 11:37 icon_view926view icon_view926view
  財務省は20日、次期診療報酬改定の改定率について、薬価の大幅な引き下げによる診療報酬全体のマイナスを、厚労省に求める方針を固めた。財務省・主計局によれば、診療報酬の本体部分は引き上げずに診療所と病院の配分を見直すとともに、薬価などで3%強の引き下げを行うことで、勤務医の負担軽減策に重点を置きたい考えだ。
 その一方、全体の改定率をトータルでプラスにもっていきたい厚生労働省は、同日に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)で、次期薬価制度改革やジェネリック医薬品(GE)の使用促進策における論点を提示。年末の予算編成を巡り、大きく主張が異なる両省の激しい折衝が始まりそうだ。
(情報提供元:
薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る