業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

一般薬連・上原会長 生活習慣病のスイッチ化で「5900億円」節減

2014年04月16日(水)18時00分配信 配信日:14/04/16 18:00 icon_view676view icon_view676view
日本一般用医薬品連合会の上原明会長(大正製薬ホールディングス社長)は15日、日本製薬団体連合会と共催したシンポジウムで講演。生活習慣病でかかる医療費について、「(生活習慣病領域の)スイッチ(OTC薬化)が可能であれば、5900億円の節減になる」との見解を示した。糖尿病や高血圧、脂質異常症など生活習慣病の軽症患者353万人がセルフメディケーションへ移行することで生じる、医療費節減効果を試算した。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1339件)

show

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19811件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5593件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月19日~07月26日

もっと見る