運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

大学病院の厳しい現状で認識一致も意見集約できず

2009年11月30日(月)11時01分配信 配信日:09/11/30 11:01 icon_view760view icon_view760view
 中医協の診療報酬基本問題小委員会(委員長:遠藤久夫学習院大学経済学部教授)は27日会合を開き、来年度診療報酬改定における特定機能病院の評価をめぐって議論した。この日は嘉山孝正委員(山形大学医学部長)が特定機能病院について、「医療の最後の砦の現状」と題し、とりわけ大学病院における医師の雇用実態や勤務環境のほか、運営費交付金の減少など大学病院の厳しい財政事情などを報告。
 これを受け、支払い側委員も含めて▽大学病院が危機的状況にある▽状況を改善するには診療報酬以外の措置が求められる―との認識で一致したが、来年度改定の考え方については、支払い側が「財源は限られているためメリハリをつけていくしかない」と従来同様の主張を展開し、意見の集約には至らなかった。
(情報提供元:
医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19747件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月17日~06月24日

もっと見る