業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

岡山大副病院長、論文不正で調査

2014年05月08日(木)12時00分配信 配信日:14/05/08 12:00 icon_view1175view icon_view1175view
薬学部長が告発 がん遺伝子治療に関する臨床研究で

岡山大学が、同大副病院長が筆頭著者を務めたがん遺伝子治療に関する論文について、研究不正の告発を受けて調査を行っている。研究不正が疑われているのは、前立腺がんに対する「REIC遺伝子治療」と呼ばれる手法を使った臨床研究で、08年に米国遺伝子治療学会の学術誌に掲載された。REIC遺伝子治療は今年2月、厚生労働省が悪性胸膜中皮腫に対する治療法として臨床研究の実施を承認。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る