業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

国際医療センター・溝上氏 B型肝炎、高額薬剤使用で劇症化も

2014年05月23日(金)15時00分配信 配信日:14/05/23 15:00 icon_view431view icon_view431view
国立国際医療研究センター肝炎・免疫研究センターの溝上雅史センター長は22日、日本臨床検査薬協会と米国医療機器・IVD工業会の共催セミナーで講演。診断機器の精度向上やヒトゲノム研究の進展によって「B型肝炎の常識がガラッと変わった」と強調した。高感度の診断機器が開発され、「一度治ったらもう二度とかからないと言われていたB型肝炎でも、10~30年見ていくと再活性化することがわかった」と説明。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.07.27 new 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19813件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る