業界ニュース

カテゴリーを選択

行政・制度 その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

在宅の“医薬協業”でエビデンスを準備

2014年06月02日(月)10時00分配信 配信日:14/06/02 10:00 icon_view708view icon_view708view
ファルメディコ 改定のダメージ避ける新手法、平均投薬量に効果は

ファルメディコ(大阪市)の狭間研至社長は本紙取材に応じ、14年診療報酬改定による在宅医療へのダメージを避けるための、薬局との“医薬協業”を通じた打開策を述べ、次回以降の改定に向けて有効性のエビデンスを示す準備に入っているとした。同社は、大阪市内に調剤薬局「ハザマ薬局」を7店舗構える調剤チェーンで、薬剤師のeラーニングシステムや在宅ケア向けのアプリ開発などIT事業にも取り組んでいる。

(情報提供元:医薬経済社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る