業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

機能多様化し成長続ける‐世界の共通課題を総合討論‐国際医薬品卸連盟第20回総会

2014年10月25日(土)15時00分配信 配信日:14/10/25 15:00 icon_view722view icon_view722view

国際医薬品卸連盟(IFPW)は20日から2日間、第20回総会を中国・北京で開催した。40人超の日本を筆頭に前回メキシコ大会を上回る300人以上が参加し、「Wholesalers:Partners in the Center of Healthcare」をメインテーマに、世界17カ国の医薬品卸・製薬関係者らが医薬品流通の最新動向について認識を共有し、今後の方向性を展望した。

冒頭、マーク・パリッシュIFPW会長は「サプライチェーンが医療の中で重要な役割を果たしていることがまだ十分に理解されていない」とし、「それぞれの国・地域でIFPWのメンバーが機能を多様化して成長している。非常に豊かな経験を学び合おう」と呼びかけた。

続いて中国政府関係者が登壇し、「健全な制度を整備して完全な流通システムを構築し、公正・公平な競争ができるようにしていく」と語った。また、中国の製薬業界の代表は「中国の医薬品市場は急成長しているが、伸び率が鈍化している」とし、価格引き下げを背景に小売市場で競争が激化している現状を説明した。ただ、長期的には高齢化や医療保険制度の整備を背景に拡大が望めるとの認識を示した。

初日のビジネスプログラムでは、IMSのダグ・ロング氏とパー・トロエイン氏が製薬産業のグローバル動向と医薬品流通への影響を分析した。

ロング氏は世界の医薬品市場が2014年度に初めて1兆ドルを突破し、さらに18年に1・3兆ドルに達すると推計。特に「多くの国で専門領域の伸び率が高い」とし、癌・自己免疫疾患・HIV・多発性硬化症などが大きな市場になってきたことを紹介し、15年以降は「これにC型肝炎が加わってくる」と見通した。

専門領域の薬剤は通常の医薬品と異なり、高額な上に患者に対するカウンセリングが重要で、薬局調剤が限定的だったり、特別な流通が求められるケースが多い。そのため、「今までの卸の役割と全く違う」と指摘し、医薬品卸全体平均の約2倍で伸びる専門領域を今後の大きな課題として強調した。

具体例として米ギリアド・サイエンシズの新規C型肝炎治療薬「ソバルディ」に言及し、移植術を代替できるほど極めて著効率が高いものの、非常に高額なために患者のアクセスを制限する可能性があるとの考え方を示し、「適切な薬剤を適切な患者へ届けることが重要になる」と述べた。

トロエイン氏はGE薬・バイオ後続品の拡大、直接販売、eヘルスの普及に注目した。GE薬をめぐっては「誰がマージンを獲得するのか、購買戦略が非常に重要になる。ベストプライスが大切であり、値引き合戦が起きると卸は破滅する。マイナスマージンになることもあり得る。付加価値を与えなければ、流通だけでは利益は生まれない」と述べた。

直販については、国によって状況が異なるものの、イタリアなど国によっては直販が拡大して卸に対する圧迫要因になっていることを解説した。

eヘルスは処方医・患者・薬局のかかわり方に変化をもたらし、患者が処方医に電子的手法でコンタクトし、対面診断を経ずに処方箋を更新して薬局が調剤する時代の到来を示唆。「こういう環境で仕事をする可能性もある」と述べた。



写真:開会あいさつするパリッシュ氏


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.08.16 new 255.英語の堪能な薬剤師の方に朗報か?|薬剤師業… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.09 new 254.次期改定に向け一手を打った(こらむ251の… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.08.03 90.遠隔診療と調剤 【世塵・風塵】

2017.08.02 253.背景が関係者の様々な憶測を呼ぶことに|薬剤… 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.27 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

もっと見る

業界ニュース(19850件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5616件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:08月11日~08月18日

もっと見る