業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

アストラゼネカ ctDNA検査の有用性が示されたと発表 進行性非小細胞肺がんで

2015年04月22日(水)10時00分配信 配信日:15/04/22 10:00 icon_view336view icon_view336view
進行性非小細胞肺がん(NSCLC)であり、かつ上皮成長因子受容体(EGFR)変異陽性と診断された患者に対し、血漿中循環腫瘍DNA(ctDNA)検査の有用性が2本の試験解析により示されたと発表。

(情報提供元:薬事ニュース社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.07.27 new 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19813件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5597件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月20日~07月27日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月20日~07月27日

もっと見る