業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

11Cで標識化、世界で初めて成功

2010年03月10日(水)10時38分配信 配信日:10/03/10 10:38 icon_view642view icon_view642view
理化学研究所 風邪薬などで日常的に利用される非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のうち、「2-アリールプロピオン酸」という共通の化学構造式を持つイブプロフェ ンなど6種類の化合物に、炭素の放射性同位元素(11C)で目印をつける(標識化する)ことに世界で初めて成功。体内での動態が謎である薬剤の働きを明ら かにする手法の1つが確立。

(情報提供元:薬事ニュース社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月17日~05月24日

もっと見る