業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

11Cで標識化、世界で初めて成功

2010年03月10日(水)10時38分配信 配信日:10/03/10 10:38 icon_view666view icon_view666view
理化学研究所 風邪薬などで日常的に利用される非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のうち、「2-アリールプロピオン酸」という共通の化学構造式を持つイブプロフェ ンなど6種類の化合物に、炭素の放射性同位元素(11C)で目印をつける(標識化する)ことに世界で初めて成功。体内での動態が謎である薬剤の働きを明ら かにする手法の1つが確立。

(情報提供元:薬事ニュース社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19804件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る