業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

適切な薬の情報提供で議論‐企業と医療者にギャップ‐日本製薬医学会年次大会

2015年07月27日(月)10時01分配信 配信日:15/07/27 10:01 icon_view456view icon_view456view

医薬品に関する情報量が増加する中、いかに製薬企業から適切な情報を医師、薬剤師等の医療関係者や患者に提供できるかが、24日に都内で開かれた日本製薬医学会年次大会で議論された。製薬企業側からは、科学的な立場で情報発信する取り組みが示された一方、医療機関側からは、「医師に還元できている情報は少ない」との意見が出るなど、ギャップが見られる状況が浮かび上がった。

バイエル薬品の奥村正文氏は、同社のくすり相談で副作用を防ぐための適正情報を普及させることを目的に、薬局薬剤師に企業から電話をかけるアウトバウンドコールを実施した取り組みを紹介した。

薬剤師から服用者を示す「患者携帯カード」を手渡してもらうのが目的で、実際に月経困難症治療剤の事例では、約9割の薬局でアウトバウンドコールを受諾し、9割以上の薬局で患者携帯カードが利用されている成果を示した。副作用マネジメントが重要となる抗癌剤の事例でも、薬局から良好な評価が得られたことを紹介した。

MSDの梅田達也氏は、これまで一般的な医薬情報部の役割は情報「収集」にあったとし、今後は医薬品情報の戦略的な「発信」基地になる必要性を指摘。最新の科学的情報や知識に基づく学術情報の社内提供、科学的観点からのコンサルティング、戦略提案を行っている同社の医薬情報部の取り組みを紹介した。

こうした企業側の取り組みに対し、小児科医の立場から東京医科歯科大学の森雅亮氏は、「医師に還元できている情報は少ないのではないか」と指摘。福井大学病院薬剤部の中村敏明氏は、「MRに質問してもその場で回答がなく、後で回答があってもズレた内容が多い。直接メディカルアフェアーズ部門に電話することは頻繁にある」と現場の実感を披露した。

y11604_01-01


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る