運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

広島にがん放射線治療センターがオープン

2015年08月24日(月)10時00分配信 配信日:15/08/24 10:00 icon_view786view icon_view786view

広島がん高精度放射線治療センターが今年度10月より運営開始される。

 

nvg00138_1200

写真はイメージで、記事と直接の関係はありません。(写真:Nicholas A. Tonelli/クリエイティブ・コモンズ表示 2.0 一般)

 

■県内4病院と連携

広島がん高精度放射線治療センターと連携するのは広島大学病院、県立広島病院、広島市立広島市民病院、広島赤十字・原爆病院の4病院。センターでは直接患者を受け入れず、連携病院から紹介を受けた患者を治療する。

4病院との間にはITによるネットワークを構築。CTやMRIで撮影した医療画像をやりとする。患者情報はプライバシー性が高いためインターネットは介さず専用ラインでデータをやりとりする。

 

■最新機器を設置

センターの総工費は約60億円。最新の放射線治療機器を3台導入する。

肺がんのように呼吸や心拍で患部が動き、照射部位を確定しにくい部位でも、画像情報を追って追尾し、放射線を照射できる機器などを取り入れる。

 

■アクセス良好。通院での治療が原則

同センターは広島駅から歩いて5分。放射線治療は手術や抗がん剤治療などがんの他の治療法に比べて患者の負担が少ない。同センターでも治療は通院が原則。県は働きながらの治療も可能になるとみている。

また同センターでは呉医療センター、尾道総合病院、福山市民病院など県内全域から患者を受け入れている。

広島県では基幹となる4病院と連携することで効率的な医療体制を提供するねらいで同センターを設置した。広島県ではがん検診の推進にも力を入れており、2016年の受診率を50%以上に高めることを目標としている。

 

(Navigene編集部)

 

(情報提供元: ナビジーン)

 

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19753件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5595件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る