業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

アンジェルマン症候群の原因遺伝子、大脳皮質機能の可塑性に必須

2010年03月31日(水)09時53分配信 配信日:10/03/31 09:53 icon_view3631view icon_view3631view
理化学研究所 母性染色体の異常が引き起こす神経発達障害アンジェルマン症候群の原因遺伝子Ube3a が、大脳皮質機能の可塑性とその後の成熟に必須であることを、Ube3a 遺伝子を欠損したアンジェルマン症候群のモデルマウスを用いた研究で明らかになったと発表。
(情報提供元:薬事ニュース社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1305件)

show

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 new 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.11 new 学会レポート_0.著者プロフィール 【著者プロフィール】

2017.05.10 241.その可能性はあるのか 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19657件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5566件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月16日~05月23日

もっと見る