運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

「ドラッグラグ解消に向け例外的措置を」

2010年04月05日(月)10時18分配信 配信日:10/04/05 10:18 icon_view783view icon_view783view
医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議(座長:堀田知光独立行政法人国立病院 機構名古屋医療センター院長)は3月31日、同検討会内の6つのワーキンググループ(=WG、代謝その他、循環器、精神・神経、抗菌・抗炎症、抗がん、生 物)が未承認薬・適応外薬に対する医療上の必要性について検討状況を報告した。

2010年3月までに学会・患者会などから出された374件の要望に対し、各WGが評価したのは検討済みが91件(未承認薬43件、適応外薬48件)、検 討中が182件(未承認薬31件、適応外薬151件)、米、英、独、仏など海外承認があるか確認中の案件が101件(未承認薬15件、適応外薬86件) だった。

(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1312件)

show

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 new ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 new 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

2017.06.07 245.高齢者委員は静かに会合の核心を突いた 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19743件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5594件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月16日~06月23日

もっと見る