業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

「ドラッグラグ解消に向け例外的措置を」

2010年04月05日(月)10時18分配信 配信日:10/04/05 10:18 icon_view794view icon_view794view
医療上の必要性の高い未承認薬・適応外薬検討会議(座長:堀田知光独立行政法人国立病院 機構名古屋医療センター院長)は3月31日、同検討会内の6つのワーキンググループ(=WG、代謝その他、循環器、精神・神経、抗菌・抗炎症、抗がん、生 物)が未承認薬・適応外薬に対する医療上の必要性について検討状況を報告した。

2010年3月までに学会・患者会などから出された374件の要望に対し、各WGが評価したのは検討済みが91件(未承認薬43件、適応外薬48件)、検 討中が182件(未承認薬31件、適応外薬151件)、米、英、独、仏など海外承認があるか確認中の案件が101件(未承認薬15件、適応外薬86件) だった。

(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1340件)

show

2017.07.27 new 89.かかりつけ薬剤師Ⅲ 【世塵・風塵】

2017.07.26 new 252.フォーミュラリに込めた狙いは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19816件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月21日~07月28日

もっと見る