• HOME
  • 業界ニュース
  • その他
  • 1日在宅体験、薬学生の理解促進‐チーム医療の大切さなど実感‐日本薬学会近畿支部大会

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

1日在宅体験、薬学生の理解促進‐チーム医療の大切さなど実感‐日本薬学会近畿支部大会

2015年10月21日(水)10時00分配信 配信日:15/10/21 10:00 icon_view596view icon_view596view

日本薬学会近畿支部の「1日在宅体験プログラム」に参加した薬学生が17日、大阪大谷大学で開かれた同支部大会で、体験を通じて得た学習の成果を発表した。今夏、在宅医療に関わる各薬局の薬剤師に1日同行した薬学生は「薬剤師は医師の訪問診療に同行し、より良い医療を提供していた」などと報告。こうした学びの機会は、在宅医療における薬剤師の役割について薬学生の理解を深めることが強調された。

ぼうしや調剤薬局城南店の薬剤師に同行し、個人宅2軒の在宅医療を見学した河野真有香さん(近畿大学薬学部5回生)は「体験前は、在宅医療の現場で薬剤師には、幅広い知識が求められると考えていた」と報告。体験後は「知識も必要だが、患者さんにいかに関心を持ち、何とかしたいとの思いで行動する姿勢が特に重要だと分かった。五感を使って見る、5領域を意識して暮らしを見ることを通じて、患者さんの生活スタイルに応じた柔軟な対応が薬剤師に求められることを学んだ」と話した。

日本調剤あべの薬局の薬剤師に同行し、介護付き有料老人ホームでの在宅医療を見学した松田仁美さん(大阪大谷大学薬学部5回生)は「体験に行く前は、大勢の患者さんに対応するため調剤過誤を起こさないことが大切であり、患者さんとの関わりがあまりないとのイメージを持っていた。実際は調剤だけでなく、医師の訪問診療に同行しカンファレンスに参加するなど、他の医療従事者と情報交換を行い、より良い医療を提供していた」と、体験を通じた認識の変化を語った。

アピス薬局高田店の薬剤師に同行し、介護付き有料老人ホームの在宅医療を見学した深町淳太さん(大阪大谷大学薬学部5回生)は「薬局実習で居宅の在宅医療は体験したが、そこでは患者宅に行く時間や行く回数が多くて薬剤師の負担は大きく、患者さんも比較的元気で、薬剤師の価値をあまり見出せなかった。今回の体験を通じて、医師や看護師らと連携し、薬の選択について医師に助言を行う薬剤師の姿を見て、その必要性を感じた」と報告した。

ABC薬局広瀬店など2店舗の薬剤師に同行した仁熊久美さん(近畿大学薬学部5回生)は、所有する文化ホールを地域のイベントに貸し出すなど、在宅医療に関わる下地作りに取り組んでいる薬局の姿勢を目の当たりにした。「病気になる前から地域の人々に薬局に来てもらえるようにしたり、勉強会などを通じて地域の医療スタッフと顔を合わせたりするなど、日頃から積極的に地域の人々と交流することの重要性を学んだ」と語った。

ミヤケ薬局本店の薬剤師に同行し、施設、居宅での在宅医療を見学した松山千容氏(大阪薬科大学薬学部5回生)は、病院の退院時カンファレンスに参加して情報を得たり、24時間体制で患者や家族からの緊急電話に応じたりしている薬局の取り組みを見聞きし、「円滑な情報共有や患者さん中心の医療が必要と学んだ」と振り返った。

y11638_01-01

写真:在宅医療に同行した薬学生が体験で得た感想を語った


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19666件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る