業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

日薬会長候補、山本氏が再選‐100票獲得も、奢らず会務運営‐日本薬剤師会

2016年03月16日(水)10時00分配信 配信日:16/03/16 10:00 icon_view275view icon_view275view

日本薬剤師会は、13日に行った会長、副会長候補者選挙で、会長に現職の山本信夫氏(東京・65歳)を選出した。山本氏は、有効投票数150票のうち100票を獲得。生出泉太郎副会長(宮城県・65歳)に50票の差をつけて2期目の当選を決めた。定数5人以内の枠に8人が立候補した副会長候補選は、森昌平(栃木・55歳)、乾英夫(大阪・60歳)、石井甲一(東京・65歳)、田尻泰典(福岡・59歳)、鈴木洋史(東京・54歳)の5氏が当選した。新執行部は、6月末の定時総会で正式に発足する。

選挙後に会見した山本氏は、勝因について、「現執行部がこの2年間で進めてきたことが、評価されたと思っている」と分析。100票を獲得できたことについては、「率直に言えばうれしかった」とし、2年前の会長選で、当時の児玉孝会長と一騎打ちになった時の得票数が89対60だったことにも触れ、「票差を考えると、少しは信用されたのではという思いがする」と語った。

ただ、「100票を取ったからといって奢っていては会務は進まない。50人は疑問符が付いており、浮かれているわけにはいかない」とも述べ、「100票の重さを自分なりにかみしめ、奢らず、高ぶらずということを頭に置きながら、今後2年間の会務運営を進めていきたい」と引き締めた。

また、2年前に会長に当選した際、公約の一つとして掲げていた、他団体との関係改善を含め、「広く会員の声が聞ける体制の中で、仕事を進めていきたい」と強調。

他団体との関係をめぐっては、12日のブロック代表質問で、東北の代議員から、日薬という一つのチームにおいて監督の役割を担っている山本会長に対し、「納得いかないジャッジがあったらその場で抗議して、チームを守る姿勢を示してもらいたい」との要望が出ていたことにも言及し、「(激しく抗議して)監督が退場になってしまうと試合にならなくなる。薬剤師の立ち位置を考えながら、きちんと主張すべきことは主張していきたい」との考えを示した。

副会長候補選挙で当選した5人のうち、森氏が最多の129票を獲得。乾氏の112票、石井氏の99票、田尻氏の97票、鈴木氏の96票と続いた。前田泰則氏(広島・65歳)は61票、曽布川和則氏(静岡・65歳)は52票、岩月進氏(愛知・60歳)は39票で落選した。

8人が立候補した副会長選は混戦と見られたが、ふたを開けてみれば常務理事から昇格する田尻氏以外、続投という結果となった。

y11697_01-02

写真:会見する山本会長


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5599件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月21日~06月28日

もっと見る