業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

牡蠣酵素分解ペプチドが慢性肝障害を抑制

2010年05月20日(木)10時08分配信 配信日:10/05/20 10:08 icon_view830view icon_view830view
常盤薬品工業 長崎県立大大学院・人間健康科学研究科(田中一成教授)との共同研究において、慢性肝障害モデルラットを用いて試験した結果、牡蠣酵素分解ペプチド(OEP)が慢性肝障害を抑制する効果を見出したと発表。
(情報提供元:薬事ニュース社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19672件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5572件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る