業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

薬局薬剤師の声かけに有用性‐COMPASS研究が論文化

2016年04月13日(水)10時00分配信 配信日:16/04/13 10:00 icon_view461view icon_view461view

■3分間のコーチングでHbA1c値が低下

生活習慣の改善に向けた支援を行う薬局薬剤師の3分間のコーチングによって、糖尿病患者のヘモグロビンA1c(HbA1c)値が低下することを示した論文が、「Pharmacology & Pharmacy」誌のオンライン版に掲載された。日本で実施された臨床研究「COMPASS」プロジェクトの成果をまとめたもの。糖尿病患者に対する薬局薬剤師の介入効果を検証した臨床研究は欧米でいくつか実施されているが、日本ではごくわずかしか存在しない。論文化により、薬局薬剤師の有用性を示した貴重なエビデンスとして活用できそうだ。

岡田浩氏(国立病院機構京都医療センター臨床研究センター予防医学研究室研究員)、恩田光子氏(大阪薬科大学薬学部准教授)らの研究グループが、日本調剤、クオール、サエラ薬局の協力を得て実施した。血糖コントロールの改善は糖尿病の合併症抑制につながるが、研究グループは、来局時の3分間の対話でも効果的な声かけや資料提供によって糖尿病患者の行動を変えられることや、薬局薬剤師はその役割を担えることを客観的な指標で明らかにした。

臨床研究は、無作為化対照試験として研究に参加した薬局を、糖尿病患者の来局時に薬剤師がHbA1c値を聞くだけの通常群と、薬局薬剤師がいくつかの介入を行う支援群に無作為に割り付けて実施された。

支援群の薬剤師は、事前に約6時間の講習を受けて習得した動機づけ面接の方法を活用して、糖尿病患者に関わった。

まず、運動の実施や節酒など生活習慣の改善目標の設定を支援した。その上で、それぞれの生活習慣の改善について分かりやすく解説した14種類の資料を、必要に応じて個々の患者に提供。運動習慣の定着につながる歩数計も配布した。

2回目以降の来局時には、約3分間の面談で目標の達成状況を聞き、褒めたり励ましたり、必要な情報を提供したりして、生活習慣の改善を支援した。約6カ月間、患者の来局時にこのような支援を実施した。

研究に参加した薬局のうち50薬局、132人の2型糖尿病患者を解析対象とし、HbA1c値の変化を比較したところ、支援群(26薬局90人)では介入前の8.7%から6カ月後には8.0%と大幅に下がっていた。一方、通常群(24薬局42人)のHbA1c値は、8.7%から8.4%に低下しただけだった。

また、服用する糖尿病治療薬の数を比較したところ、支援群では介入前の2.3剤から6カ月後には2.0剤に減少していたのに対し、通常群では介入前の平均2.3剤から6カ月後には2.5剤に増加していた。

睡眠、食事、喫煙、飲酒、運動に関する七つの健康的な生活習慣の実行率も、支援群では高まる傾向が認められた。


(情報提供元: 薬事日報)

Good 1

コメント

回答:1件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19670件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5570件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月19日~05月26日

もっと見る