運営からのお知らせ

業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

在宅や疾病予防、積極的な関わりを‐FIP・ペーニャ会長が21世紀の薬剤師像で講演

2016年05月27日(金)10時00分配信 配信日:16/05/27 10:00 icon_view236view icon_view236view

国際薬学連合(FIP)のカルメン・ぺーニャ会長は23日、都内で開かれた日本薬剤学会の公開市民講座で「これからの患者像に対応した21世紀の薬剤師」をテーマに講演した。

ペーニャ会長は、21世紀の社会に共通する問題として、人口の高齢化を挙げ、薬剤師が他の専門職種と協働して問題に対応する必要性を強調。具体的には、調剤した医薬品を供給するだけでなく、公衆衛生の推進、疾病予防、病院や薬局、患者宅での薬物療法の評価やモニタリングなどの専門的な薬学的サービスの提供が求められるとした。

国連の予測では、ヘルスケアサービスの世界的需要に応えるため、2030年までに4000万人の雇用を生み出す必要があるものの、中低所得国では1800万人の医療者が不足すると見込んでおり、WHOに保健医療労働と経済成長に関する高レベル委員会が設置されたことや、FIPもこの構想への貢献が求められていることを紹介。

FIPでは、▽教育を通した専門的能力の開発▽医療における薬局の影響力振興と維持――のための実行計画を策定し、薬剤師職能の刷新に取り組んでおり、この計画を個人、集団の各レベルで取り組むことによって主要な3本柱(臨床、科学、教育)の調和のとれた効果的な戦略を立てることができるとした。

こうしたFIPの戦略を遂行するためには、世界の薬局が国際的なネットワークを介して結ばれた状態にあることが必須になると指摘し、医療の専門家として一致団結する必要性を説いた。

y11725_01-03


(情報提供元: 薬事日報)

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1299件)

show

2017.03.29 new 235.リフィル処方箋が日本で稼働する日は 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.03.22 new 234.改めて一枚岩ではないことを露呈した 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.03.15 233.その事例を収集つもりはないのですか? 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.03.09 38.薬剤師向けサイトが充実している “3強”製薬… 【オモテに出ている裏話】

2017.03.08 232.消費者視点は“ズバリ”だ 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19491件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5502件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:03月23日~03月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:03月23日~03月30日

もっと見る