業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

38.8%が患者の経済的理由で治療中止 保団連

2010年06月21日(月)10時15分配信 配信日:10/06/21 10:15 icon_view728view icon_view728view
全国保険医団体連合会(保団連)は17日、2010年度の受診実態調査結果を公表した。
その結果、この半年間で患者の経済的理由から治療の中断か中止があった施設は1097で、調査対象施設の38.8%に上った。病院で26.6%、医科診療 所で33.4%、歯科で47.4%だった。病名は高血圧、糖尿病、うつ病、歯周疾患など慢性疾患が多く、長期的な治療の支払いが患者に負担となっている現 実が浮き彫りになった。
また、この半年間に、同じく経済的理由で検査や治療、投薬を断られたのは1214施設で、全体の42.9%を占めた。血液、内視鏡、心電図、X線検査などのケースが目立った。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1313件)

show

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

2017.06.14 246.機械からポンッと薬が出る 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.08 ジェネリック|切り替えには薬局薬剤師の影響力が大 【アンケート結果】

もっと見る

業界ニュース(19761件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5600件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る