業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

卸経営、1次売差マイナスの改善なく依然厳しい環境

2010年08月28日(土)09時00分配信 配信日:10/08/28 09:00 icon_view833view icon_view833view
日本医薬品卸業連合会(卸連)は、会員企業66社の経営資料をもとに平成21年度の「医薬品卸業の経営概況」の速報値をまとめた。

今回の調査では、売上総利益率が6・98%と調査以来、初の6%台に落ち込むなど卸の厳しい経営環境が改めて浮きぼりになった。

こうした厳しい環境について、卸連では、卸間同士の競合激化や医療機関のバイイングパワー増大などのほかに、メーカーとの取引における1次売差のマイナス を大きな要因として指摘する。平成19年の流改懇による緊急提言を受け、割戻しやアローアンスが縮小する中で、今後、医薬品個々の価値に見合った適正な仕 切価の設定交渉が卸経営全体の改善の大きなポイントとなることは間違いない。

(情報提供元:薬局新聞社

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5586件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月16日~07月23日

もっと見る