業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

K2シロップ使わずホメオパシー投与

2010年09月11日(土)09時00分配信 配信日:10/09/11 09:00 icon_view811view icon_view811view
山口県で頭蓋内出血を予防するビタミンKを投与する代わりに、助産師がホメオパシーの錠剤(レメディ)を使用して乳児が死亡した問題で、日本助産師会(加藤尚美会長)は、同様の対応を行ったケースが全開業助産所414カ所のうち36カ所あったことを公表した。
日本助産師会は2010年8月、開業助産所に対して、ビタミンK2シロップとホメオパシーの使用に関する調査を実施。
ビタミンKを投与しなかった開業助産所は「薬剤拒否の妊婦に頼まれた」「小児科医がビタミンK欠乏性出血症になる危険性を説明したものの、妊婦がホメオパ シーを希望した」「ビタミンK2シロップとホメオパシーに関する説明をそれぞれ行ったが、妊婦の選択でホメオパシーのみを使用した」と回答している。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1307件)

show

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 new 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 new 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.11 学会レポート_がん医療の変化の前で薬剤師が求められ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

もっと見る

業界ニュース(19661件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(6件)

show

ブログ(5569件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月18日~05月25日

もっと見る