業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

K2シロップ使わずホメオパシー投与

2010年09月11日(土)09時00分配信 配信日:10/09/11 09:00 icon_view829view icon_view829view
山口県で頭蓋内出血を予防するビタミンKを投与する代わりに、助産師がホメオパシーの錠剤(レメディ)を使用して乳児が死亡した問題で、日本助産師会(加藤尚美会長)は、同様の対応を行ったケースが全開業助産所414カ所のうち36カ所あったことを公表した。
日本助産師会は2010年8月、開業助産所に対して、ビタミンK2シロップとホメオパシーの使用に関する調査を実施。
ビタミンKを投与しなかった開業助産所は「薬剤拒否の妊婦に頼まれた」「小児科医がビタミンK欠乏性出血症になる危険性を説明したものの、妊婦がホメオパ シーを希望した」「ビタミンK2シロップとホメオパシーに関する説明をそれぞれ行ったが、妊婦の選択でホメオパシーのみを使用した」と回答している。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1338件)

show

2017.07.20 new 高齢者で注意が必要な代表的薬剤一覧 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.19 new 251.シラケムードからの脱却には 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.12 new 高齢者に実践したい!服薬管理と支援6つのポイント 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.07.12 new 250.リフィル処方箋を巡る動き(後編) 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.07.06 高齢者への薬物療法はこう考える 【加齢で高まる! 薬の…】

もっと見る

業界ニュース(19803件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(0件)

show

ブログ(5587件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:07月17日~07月24日

もっと見る