業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

一般病床の平均在院は19.1日、病床利用率は75.1%

2010年09月15日(水)11時54分配信 配信日:10/09/15 11:54 icon_view801view icon_view801view
今年5月時点の全病院における1日平均在院患者数は前月比1万6867人減の130万2459人、一般病床の平均在院日数は前月から1.1日増の19.1日となったことが9日、厚生労働省の発表で分かった。
1日平均在院患者数を病床種別に見ると、一般病床が前月比1万4371人減の68万3717人となったほか、療養病床が30万5491人(前月比1959 人減)、同病床のうち介護療養病床は7万7141人(同664減)、精神病床は31万169人(同581人減)と軒並み減少。結核病床のみ49人増加して 3037人となった。外来患者の合計は14万8342人減って130万6997人だった。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1341件)

show

2017.10.18 new 264.夢と消えた“黒革の手帳”の世界 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.11 263.とどまること知らない調剤薬局の不祥事 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.10.05 92.薬剤師の倫理観 【世塵・風塵】

2017.10.04 262.ついに予防という言葉が登場 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.09.27 261.新薬局ビジネスモデル研究会の意味とは 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(20058件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5681件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:10月17日~10月24日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:10月17日~10月24日

もっと見る