業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

警察権力の介入に「断固反対」、院内感染問題で 日病協

2010年09月30日(木)10時37分配信 配信日:10/09/30 10:37 icon_view978view icon_view978view
日本病院団体協議会(邉見公雄議長)はこのほど、帝京大学医学部附属病院で発生した多剤 耐性アシネトバクターによる院内感染問題に関して声明を発表した。声明では、多剤耐性菌による院内感染について「完全に防止することは不可能」とした上 で、「多剤耐性アシネトバクターによる感染症が出現したからといって、行政の調査を待つことなく業務上過失致死容疑などで警察が介入すれば原因究明が阻害 され、医療の萎縮を招くのは必至」との見解を提示。警察権力の介入に対して「断固反対」とした。原因究明と再発防止が医療界の最優先の使命との認識を示し た。
(情報提供元:医療タイムス

Good 4

コメント

回答:2件

記事・レポート(1315件)

show

2017.06.29 new 『加齢で高まる!薬のリスク』 【著者プロフィール】

2017.06.29 new 加齢で高まる! 6つのリスク ―高頻度に現れやすい… 【加齢で高まる! 薬の…】

2017.06.28 new 248.痛みに関するオノマトペ 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.21 new 247.日本橋の神社 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.06.15 ジェネリック|後発品の選択基準、患者への勧め方・説… 【特集記事】

もっと見る

業界ニュース(19762件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(2件)

show

ブログ(5601件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:06月22日~06月29日

もっと見る