業界ニュース

カテゴリーを選択

その他 

<<前のニュース

次のニュース>>

受診中止38.7%、患者負担分の未収金48.2% 保団連

2010年11月21日(日)09時00分配信 配信日:10/11/21 09:00 icon_view590view icon_view590view
全国保険医団体連合会(保団連、住江憲勇会長)はこのほど、2010年度受診実態調査結果報告を公表し、10年5~10月の間で患者の経済的理由から治療を中断・中止する事例が医療機関の38.7%で生じていたことを明らかにした。また48.2%の医療機関で患者一部負担金の未収金があったことが分かった。 患者の経済的理由による治療の中断・中止は、施設別割合で見ると歯科診療所が1954施設(51.3%)と最も多く、次いで医科診療所の2029施設(33.6%)、病院の125施設(23.3%)と続く。中断・中止患者の病名は、医科診療所や病院では糖尿病、高血圧、高脂血症などの慢性疾患が目立ち、歯科診療所では歯周疾患や欠けた歯を人工物で修復する補綴(ほてつ)治療が多かった。
(情報提供元:医療タイムス

Good 0

コメント

回答:0件

記事・レポート(1308件)

show

2017.05.25 new 市民公開講座「がんと生きる時代〜薬剤師が紡ぐがん医… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.24 new 243.調剤薬局の価値とは 【薬剤師業界のウラガワ】

2017.05.23 new 『がんの治療と暮らしのサポート実践ガイド』-通院・… 【薬剤師の本棚】

2017.05.18 大会長・齊藤真一郎先生&実行委員長・野村久祥先生イ… 【日本臨床腫瘍薬学会レ…】

2017.05.17 242.薬局とタバコ販売の実際 【薬剤師業界のウラガワ】

もっと見る

業界ニュース(19681件)

show

アンケート

show
ただいま、募集中のアンケートはありません。

もっと見る

セミナー情報(4件)

show

ブログ(5574件)

show

求人情報

show

よく見られている
業界ニュースランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る

よく見られている
薬剤師のQ&Aランキング 集計期間:05月23日~05月30日

もっと見る